27歳、独身、女 | a little fear
<< ほぼ日 | main | hair mask >>
27歳、独身、女
ここ1ヶ月で、結婚、妊娠の報告が一気にあった。
それは、とても素晴らしいことだ。

決断を経て幸せそうにはにかむ顔はとても可愛いし、
大きなお腹を見つめる姿はとても美しいと思う。


前の会社の同期は、20人のうち
パパが二人、今年ママになるのが二人。
それ以外に二人が結婚しているから、30%は既婚者で家庭をもっている。
仕事が落ち着くこともないままに、だ。

26,7歳ってほんとうは、「そういう」年齢なんだと
改めて感じては、羨ましいと思いながら、
どこか現実味を持てない感覚に、ふっと目を背けてしまいたくなる。

冷静になって、現状「なぜ、結婚していないのか」
(できないということばを使えないあたりが我ながらぐぬぬとなる)
あれこれ考えてみた。

まず、付き合っている人がいない。
考えたら、ほんとうにいない。考えなくったって、いない。
付き合うということ自体がなんだか最近は想像がつかない…。

誰かに毎日連絡をとるのも、手紙をかくのも、心配をするのも、
ご飯を用意するのも、あるいは、手を繋ぐのも
何もかも、なんだか遠くって、うまくできないに違いない。

ただ、「小綺麗でいたい」だとか
「年を重ねた分、すこしは博識でいたい」だとか
「おもしろそうなことはとりあえずやってみたい」という
前向きな精神、向上心は年々増えているような気がする。


それから、言い訳がましくなってしまうけれど
自分自身が結婚していい人だと思えないのも、正直原因にあるのかもしれない。

普段は平気で「結婚したい!」と言えるけれど
いざ、一緒にいたいと思う相手に、やすやすとこのことばは言えないよな、と思う。

母親を見ていて、そうも思ってしまうし、時折余裕のなくなる自分自身にも、
結婚していい資格などないのではないかと考えてしまうことがある。

結婚、そして親になること自体が不釣り合いで、不適切なように感じている。
家族を新たに作ることは、不幸のスパイラルに巻き込むような気さえする。



「サバサバかっこいいアラサー」にもなれないし、「バリバリキャリアウーマン」の道もない。
「若くて可愛いママ」はほとんど閉ざされているし、「妖艶な妻」にもなれやしない。

着地点は見えないけれど、焦っても仕方がないよな、と呑気に構えていようと思う。
そういうクラスターもきっとある。ないかもしれないけれど、まあ、いいかな。

想像つかないことは、問題なのかな。
みんな想像しようっていうけれど、
想像って、「過去の事象からの推測」であって
時として、邪魔をするくらいの偏見の塊だとも思う。

なんだか僻みっぽく、妬みっぽく書いてしまっているけれど
こういう状態を残しておくのもいいな、とふとお風呂で思って
PCを開き、すらすらと書けた。

きっと同じような状況で、ぽつんとなっている人もいると思うし
虚勢をはっている人もいると思うし
婚活!と本気を出す人もいると思う。

誰かに選んでもらえて、誰かの幸せをとなりで本気で願えて
笑いあえて、知らないことをたくさん知ることができるのは、
ゼミの先生がおっしゃっていたとおり
「人生を豊かにする」に違いない。

その、実りを味わうことなく、人生の幕を閉じるのは
すこし寂しいと思うし、やっぱり触れてみたいなとも思う。

無理かもしれないけれど。

判断はいつも正確だとは限らないし
意見が不変なことなんてほとんどない。
だから、その時感じたことや考えたことには従おう。

想像に邪魔されないように。

| the happening of the day | 00:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
言いそびれてたけど、僕もここ見てます、ときどき。

20代も半ばを過ぎると、なんだか既定のフォーマット通り(失礼な言い方)、「2○歳」って書かれた服を着ていないと、そこに収まっていないと、自分がどこかおかしいんじゃないかとか損してるんじゃないかとかいろいろ考えて、じりじり詰め寄られる感がかなりあるよね。こんなことでいいんだろうかって、とてつもなく焦る時が、実際ちょっとおかしい僕でも、いろんな場面でよくあります。

浅はかなので気の利いたことも役立ちそうなことも言えなくて心苦しいけど、やや引いて見ると、そういうことで人より
少し多く、長く悩んだり考えたりできるのは、形は違うとしても、やっぱり「豊か」ってことなんじゃないかなぁって思います。……逃げかな笑 でも、そういう豊かさを持ててる人や、その言葉の方が安心する、個人的には。
このブログに書かれてることだけ読むと、「全然悪くないじゃんこの人生」って、薄っぺらい人が言ってます。

このコメントこそ実りがなかった……ごめん。多分、こういう時間を持って考えている人にしか見えないものとか感じられないものとか、あわよくば成し得ないことがあるんじゃないかと信じて、というか期待しながら生きてるので。
ericoさんの場合は、もうそうなってると思うよ。
| hajime.s | 2016/02/03 6:13 AM |
hajime.sさんありがとう。
こちらこそ、ただ「読んでるよ!」って言っただけになっちゃいました。

「ちょっとおかしい僕」って表現に笑ってしまったんだけど!笑
予定外の笑いだけでも十分実りのあるものよ、と思います。
そうして読んで、とても安心させてもらいました。ありがとう。

選んでないようでいて、結局自分で選んでいるんだもんね。
「そうでないからこそ」の今をもう少し愛でてあげよう、
いや、そんな意識することすら不要なくらいに誇りを持っていていいんだと
…言い聞かせてのんびり楽しくやっていこうね。
| erico | 2016/02/06 11:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://alittlefear.com/trackback/725
トラックバック
ちいさな不安は消えることがなくて まいにちをちょっとずつつまらないものにしていくけれど、 その小さな不安を1つのブログに表現にしていくことで、 まいにちを少しだけ柔らかく、気持ちをらくにしてくれるのでは? という思いから心の中を書き出しています。
1988年生まれ仙台/東京の西のほう育ち/三人姉妹の二女/モノがすき/広告会社を飛び出してディベロッパーへ/新宿/吉祥寺/洋服/リング/映画/フェス/読書/おかいもの/ウェブデザイン/写真
浪人中:cocor0
就活中:Ladybird
Instagram